( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ日記その二十七と限界値

 
諸君!おはよう。
 
現在、午前十一時である。
ふぅ。
午前中に起きられて、よかった。
体調は昨日より、ぜんぜんよい。
ちょっと、喉が痛いぐらいであるが、
昨日痛かった時に比べると、
無いに等しいのである。
ストッレッチと筋トレを軽くする。
アイス珈琲を飲み。
ローソンの惣菜パンを食べよう。
なんだか、無性に食べたかったのだ。
たまには良いだろう。
野菜も買ってないし。
 
雨が降ってきた。
なにやら大雨警報も出ているようだ。
 
雨も降っているので、早めに店に来た。
すると、今日は早い時間からN氏が来店したのだった。
二人で早い時間から飲んでしまっているにである。
茄子の冷製ディップ。
である。
 
ついでに、トマトの冷製フェデリーニ。
夏メニューである。
 
なんというか、ノンストップである。
途切れなくカウンター。
六時から五時まで。
間に少し、突っ伏したが、
プレドニンの身体へ倦怠感は、
無理をすると倒れてしまうほどである。
お客さんと話しをしながら、
気絶してしまうほどなのであるが、
今日はいろいろタイミングが悪く、
申し訳なかったのである。
 
どうも、病気の説明が
お客さんに伝わらないのがもどかしい。
分かってもらえなくても、
よいのであるが、
薬の影響で身体が無理出来ないということが
伝わらないのだ。
なかなか難しい。
 
なんとか、部屋に帰れた。
バタンキューで目覚めて
これを書いている。
 
もう十二時である。
次のブログに更新である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/597-2ceeee5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。