( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ日記その十三とsomeday my prince&princes will come


 
諸君!おはよう。
諸君たちにとっての六月二日であり、私にとって六月一日の朝である。
入院中に六月にはせめて無理をすれば走れるぐらいにはなれると思っていたので、大誤算である。
しかも思考までに支障が出るとは。
現在時間は午前十一時五十分である。最近はぎりぎりが多いなぁ。
毎日Twitterやブログ、コラムなど人の意見を見ていると、
なんというか我慢強くなる。しかし、殆どはつまらない文章である。
ほとんどは怒りや自分勝手な文章ばかりだ。
それが大学教授とか著名人なのだから、よく考えて読まないと、騙されてしまうだろう。
Twitterなどで強めのメッセージを出すとそれなりの攻撃を喰らう。
それを分かってやっているのだから、
どんな意見であれ、すごいもんだと思う。
しかし、内容は別であり、原発問題以降、その人の限界というかレベルが見れているので、
ちょっと見極めるのには丁度いいのである。
そんな感じでネットばかり見ていて、
ほとんどテレビ見なくなったのである。
ちなみに昨日は店で
someday my prince will come
をずっとピアノで引いていた。
といっても簡単にしか弾けない。
ここまで回復したのも自分的にはパチパチなのである。
B♭から始まるワルツ、でも眠たくなるのである。
指も痺れて痛みまでいくのだ。
 
ああ、またiPhoneからラジオ英会話が流れてきた。
しかしTwitterを見ながら聞いてしまったのでダメだなぁ。
そのままビジネス英会話を聞く、いや流しとくことにしよう。うん。
スピード感が違うぞ。
ヒヤリング慣れにしかならないな。いいけど。
しかし、六月なのである。やばいのである。
 
どうも、iPhoneというか、
この小さな画面で文章を組み立てるというのは 長文に向かないのである。
改行のタイミングも、難しいし、
なにより誤字脱字の確認も見逃しやすいし、
一気に書いてない時は、文章もおかしい。
少ししか書いていないに、前の文章見えなくなるから、
どれぐらいの長さなのか分からなくなるのである。
まあ、簡潔な文章を心掛ければ問題のない話しなのであるが、
そんな難しいことを、はいそうですか。と、出来る訳もなく、
文章をこねくり回すから、前後が見えないと、よく分からない文章になってしまうのである。
ああ、改行するたびに見えなくなっている。
 
と書いていると、開店の時間である。
仕事をしなければならない。
この書いているのも仕事のような気がするが、
仕事と思っているうちは甘いのである。
 
ちょっと、打ちのめされている。
本当なら今日からバイトが入るはずなのだが、
一向に来る気配も無い。
連絡の気配も無い。
とある店で、料理責任者とか言っていたので、
晒してもよいのだが、関係者だけにする。
困ったものである。
自分中だけで世界が回っているのかもしれないが、
連絡はするものだろう。
と、怒っていてもしょうがない。
まだまだ金曜日とはいえ暇である。
三ヶ月の影響は計り知れないのだ。
と言って、赤ワインを飲む。
お客さんにはハーパーソーダを貰う。
 
といって一日が終わってしまった。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/583-90d75df7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。