( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院後日記その十五と自我喪失

 
諸君!おはよう。
 
リリカの後遺症という、あれだけ散々騒いだことを、
ころっと忘れていたという私である。
といっても、薬が減る訳でも副作用がなくなる訳でもなく。
失明するんじゃないか?みたいな、恐怖や。
店がずっと出来ないじゃないか?みたいなことから開放されるだけである。
以前として、困難なことには変わりないのである。
 
だから、今午前中に起きて、歩きに出かけたいのに、
余計なウォーキングは夜の営業に差し支えるので、
外に出ることができなくなってしまっているのだ。
いかんことである。
 
金曜日だというのに暇である。
そして、ぐったりである。
遅い時間から、少しずつだったのだが、
エプロンの紐を結ぶのに四苦八苦である。
力が入らないのである。
まいった。
しかも久しぶりにバタバタ動いたせいか、
足がアヒルの足のようになり、
包丁も普通に握れないのである。
まいったなぁ。
ちょっとパニくりそうである。
 
それでも、ちゃんと作るのである。
 
 
はぁ。錯乱していた。
二時半から一時間、ぐったりという名の仮眠をして、正気に戻った。
 
だが、両足にダメージがある。
もうちょっとして、ゆっくり帰るか。
ちょっと、今日は手足に負担をかけ過ぎたようだ。
 
十一時四十五分起床。
ふくらはぎがつる。
それで起きた。
 
よし、珈琲を入れるのである。
 
 
 
 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/569-caadca95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。