( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その八十一と深厭なる倦怠感


a


Good morning everybody!


おはよう。諸君。

カウントダウンだ。
後4日だ。

五時半から自販機の前でストレッチ。そのまま、他の部屋の患者さんと談笑いする。みな、いろいろあるのです。

chat

もどって、洗顔。
温かい珈琲を入れる。
さて、最終日までに、ネスカフェはもつのだろうか?という微妙な量である。薄くして飲もう。

朝食までに、Twitterやら茂木健一郎の文章やら太宰やら村上春樹やら西尾維新やらの文章を、ばらばら眺めて読んだり、思考したり。

朝食だ。ソーセージとほうれん草のソテーにブロッコリーとチーズのサラダ。ラズベリージャムをのせたトーストにクノールスープであった。おなかいっぱいである。

おなかいっぱいなので、ちょっと動けません。
なので薄い暗い闇の中を思索したくもないのに、している。
この部屋の真ん中の人も退院でばたばたしている。少しの間この部屋は個室みたいになる。すぐに、人も来るだろう。

よし、自転車こぎにいこう。
一時間ちょっと。王様のブランチを見ながらこいだ。なぜか、映画の説明だけで見たような気分になった。わざわざは絶対行かないな。という気分にさせられるのはなぜだろう?
一時間こいで、洗面所で顔を洗い身体をふく。
一息つこうとすると、車屋さんから電話で、痛んでるところが多々あり、少しお金がかかりそうとの、凹む電話。うーん。こんなのばっかりか?

昼ごはんは、ハンバーグであった。なぜか、うれしい気分である。ごちそうさまでした。

一時半から自転車をこぎ始める。
ホークスの試合を見ながらこぐ。
ばたばたと一時退院や退院する人たちがいるので、ようやくゴールデンウィークの存在に気づいたのであった。
一時間十五分こぎ、シャワー。
帰って、試合が気になりTVで見てしまう。
ふう。勝ったよ。
と、もう気がついたら五時である。

晩ごはんは、ソーセージ付きロールキャベツにビーフンだった。ごちそうさまでした。

その後書き物をするのだが、プレドニンの影響なのか、
その副作用の精神不安定のせいなのか、物事に集中するのに、すごくエネルギーを使い、頭もぐわんぐわんしている。普段なら、適度な疲労感が気持ちいいのに、なんで苦痛と疲労にとって変わられるの?きついなあ。
まあ、なにもかもリハビリをしながら、元以上に戻すために、急浮上中であるのだ。多分。大丈夫か?
ああ、もう階段上り下りの時間だ。
頭ぐわんぐわんだけど、行かなければ。

きついを、通り越して、苦しい。

ニキビの抗生物質を飲んだからか?
いや、それは大したことは、ないように思える。
てか、無理。

五時。目が覚める。
何となく、倦怠感。

うーん。急浮上したいんだけどなあ。
頭もまだ、ぐわんぐわんしている。

まあ、いいや。がんばろう。

あ、言っておきますが、私はみなさんに、頑張れと言われれば言われるほど、頑張れるやつですからね。






z

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。