( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その八十と立つ鳥跡を濁さず


a

Good morning everybody!

眩しい日差しのところから、入れ替わっている。

おはよう。諸君。
カウントダウンは、残り5日である。

今日は採血であり、血を抜かれて珈琲を飲んでいる。

朝食になれば、昨日から35mgになったプレドニンを飲むのだが、この日記はその薬とアルコールとの関係においての、blogになるのかもしれない。こうご期待である。

軽く説明すると、プレドニンとは商標名であり、主成分はプレドニゾロン。俗に言うステロイド剤である。と言っても、筋肉は増強されないのである。
drowse

で、朝食である。豆とスープであった。ポークビーンズにポタージュである。ロールパンにラズベリージャムとブルーベリージャムをのせて、珈琲と共に食したのである。ごちそうさま。

automatic

九時半になり、自転車をこいでいる。情報番組を見ながら。
すると、主治医の先生が来て、採血の結果を渡してくれる。異常なし。順調である。だが、手足の痺れはまだかかるだろうという見解であった。
その後も自転車をこぎ、トータル一時間十五分。今日は午後に皮膚科に行かねばならぬので、今シャワーを浴びる。
で、これを書いているのである。

書いてる途中で、今度は車屋さんがきたのである。
車検である。日本の悪しき習慣である。お金がかかるのである。諸君。ぜひ、店に来てくれたまえ。そして、大いに食べ飲み、お金を使ってもらえたら、幸なのである。

そのまま、昼食である。煮魚である。ごちそうさまでしたである。

skin

二時から皮膚科であった。先生と折角和気あいあいとなったのだが、今日で最後であった。九大でがんばってください。写真は簡易皮膚科と外科と婦人科からみた入口の通路である。という、分かりづらいところなのである。

夕方は、隣の入院中の人とずっと話をしていた。一種の血液癌で、血小板がまったくないので大変なのだ。しかし明日退院だそうだ。よかった。

down

夕飯は、若鶏のホイル蒸しにトマトスープであった。ごちそうさまでした。
なにか、頭の中のエネルギーがうまく回らず、不完全燃焼を起こしているような気分。プレドニンを減らしている副作用の可能性が高い。だが、それだけではないのである。ちなみに、プレドニンというのは、減らす時にも副作用がでるのである。やっかいなものだ。
後少しで、退院であるが、通院は後9カ月は続くのである。そして、もどって店をなんとかしないと悪いのである。もちろん人生もなんとかしないと悪いのである。

階段上り下りをしてきた。十往復。プラスアルファ。なんのためにきついのか分からなくなってくているのは、精神不安定な兆候であろう。
しかし、自分だけが落ちようが上がろうが裂けようが壊れようが、いいのであるが、それがほかの人に当たったり、迷惑をかけたりするのは、最悪なのである。
そうならないように、自分を注意しておくしかないのである。
退院までわずかではあるが、店に行って暴れる私がいるなど、私が許せないのである。

cheerless



五時起床。
なにをどう言葉にすればわからないような朝であるが、三ヶ月も、この病院にいたのであるから、最低でも立つ鳥跡を濁さないようにしなければならない。
そういうことで、今日もがんばろう。
get up

堕ちて上がるの繰り返しで、成長するのである。少しスピードアップをはかるぜ。




z

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/549-01115845
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。