( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その六十七と患者番号06595847


q



諸君。
今日もありがとう。
なかなか代わり映えのしない毎日で申し訳なく思うのである。
あるとしても、私の心の問題ばかりで、これは私が読んでも嫌になるというものである。
だが、ここにいて、何かが起こるわけでもないのだ。
多分。

w

朝食はブルーベリージャムとマーマレードをトーストにのせて、目玉焼きとサラダのようなものと、クノールスープでおなかいっぱいになったのである。ごちそうさまでした。

おなかいっぱいになると、眠くなるのが道理である。
自転車の時間まで、ごろごろするしかない。


で、自転車こぎである。
王様のブランチを見ながら、こいでいる。
見ながらのせいか、一時間二十分こいだ。ふう。きつい。タオルが湯水のように消費されるよ。洗濯しよう。

ぐったりの後、昼食である。
サワラの照り焼きに野菜炒めであった。ごちそうさまである。

あさげもクノールもないので、売店にゆく。ブルーベリージャムもついでに買う。選択の余地はないのである。

x

消費カロリーが多いせいか、というかそうだろう。ぐったりしていたら、すぐに午後の自転車の時間である。
ちょうど、洗濯の乾燥も終わっていたので、畳んでから、こぎ始める。テレビはホークス戦をいている。いきなり一点取られたよ。

一時間十五分こいだ。明日、日曜の午後をしない分までしたのであった。
シャワーを浴びて、ぐったりになってしまった。
運動の疲労と、薬の疲労と、心労が、重なりまくりだよ。

珈琲を飲むだけで、精一杯。
動けません。


Y


晩ごはん。豆腐のあんかけに、糸こんにゃくの煮物だった。なぜにダイエットフードなのだろう?いいんだけど。ごちそうさまでした。
買ってあった、栄養ドリンクを補助に飲む。で、階段上り下りまで、休む。

ふー、と休んでいると、いきなり、まん中の人が、雄叫びのような声あげるのである。
心臓に悪い。休ませてくれ!
びっくりした。

で、階段上り下りである。
十往復。プラスアルファ。
少しずつ、階段上り下りのスピードや、一階をぐるぐる走るのが、ましになってきている。
回復してきているのであろう。やっているかいがあるというものだ。

最初は腫れて、動かず、触れれば激痛、寝てても激痛だった。そこから考えると、よかったぁ。と思えるのである。あしたも、がんばろう。

ラヴァーから電話。就寝時間まで話していた。すぐに寝る。

で、四時に起床。
Twitterの橋本大阪市長のツイートが今日も長い。
が、ものすごく共感できることは、世の中の机上の空論者たちの多いことだ。実際にしないと、そこに入って経験談しないと、わからないことが、ものすごくたくさんあるのだ。
腹がたつのは守られて生きているという実感が希薄な人間ばかりが文句をいうのだ。
いやぁ。
潰されないように、がんばろう。




z

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/536-7a683464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。