FC2ブログ

( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

入院日記その六十六と終着点


w




おはよう。
諸君たちにとっての昨日がまた始まる。今日もお付き合いしてもらい恐悦至極の至りである。

今日の朝は採血があった。
薬が減ってからの採血なので、重要である。私の退院にもかかってくる。どうなることやらである。

悩んでもしょうがないので、自転車を三十分こぐ。昨日から、どうやって、店を再開した時に、お客様を増やせるか?で頭がいっぱいになって、こいでしまった。

終わって、朝食。
今日は納豆。納豆いいなぁ。最近パンばかりだったから。納豆ラブだなぁ。と、美味しくいただきました。


で、自転車こぎである。
途中、主治医が来て採血の報告と、今日皮膚科の先生のところへ行くようにとのこと、それと、ようやく退院の日にちの目処がたったのである。いままでは、いつ退院できるか分からなかったが、ようやく、ひとつの終着点のようなものが見えたのである。よかったぁ。

そして自転車こぎを一時間した。
洗面所で体を拭いてから、ちょっと思ってカフェオレを作って飲むのだった。

x

そして昼食は豚肉のゴマだれ焼きに春雨の酢の物だった。ごちそうさまでした。

退院の目処は立ったが、退院後の目処は立たない。困ったものだ。どう、リニューアルするか、行き詰まっているのである。どのみち、手足の麻痺の影響で、開けられないだろう。リハビリ感覚の臨時営業ぐらいは、すると思う。だが、その後が問題なのである。
まぁ、なんとかするしかないので、なんとかしよう。と思ってやるだけである。そのために、リハビリである。

と言うことで、午後の自転車こぎである。今日は、ギャラリーが多く、西部劇は見られなかった。残念。
一時間こいだ。
戻ってシャワーを浴びようとすると、今皮膚科に行けとうので、熱いタオルをもらい汗だけふいて、皮膚科に行く。事務のおねーさんに案内されて行くのだが、案内されなければわからないような場所にあるのだ。二階の本館から別館の渡り廊下を渡り、奥のさらに左奥なのだ。うーん。なんでこんな作りになってしまったんだ?といういりくみ具合なのだ。
で、先生は九大の先生なのだが若く研究室にいそうな感じで、面白かったのである。
何か違うものを満喫してかえり、ようやくシャワーをあびる。

その後夕飯、煮込みハンバーグでした。量が足らなさすぎです。運動量と反比例している。

Y

八時を過ぎたら階段上り下りに行こう。
十往復。汗をかいたので洗面所で体をふき、シャツを着替える。

で、ついホークスの試合が気になって見てしまい。あっというまに、消灯時間だよ。しまったなぁ。

いつものように、四時に起き。手足などのストレッチをしながら二度寝。六時前に起きてストレッチに行ったが、右足の太もも裏はかんばしくもないので、今日も自転車と階段に任せるとしよう。

とりあえず、朝食前に自転車を三十分やっといた。
うにゃーっていう感じである。







z


スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/535-a180f34f