FC2ブログ

( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

入院日記その四十三と精神不安定期




キースジャレットの音楽というのは、よく精神安定系の音楽に使われるらしいのだが、本人が精神疾患を抱えておるために、そういう音楽になるようだ。私はキースジャレットの唸り声が好きだ。ピアノを弾いていて、楽しそうだからだ。


今日も、諸君たちから見た、昨日の朝が始まる。選抜高校野球も始まるみたいだ。大分にいたのだが。自分が通っていた高校が出ているので、びっくりした。とりあえず、がんばっとけである。

ベッドの周辺の狭い空間に、ほぼ監禁状態。プライバシーなど、なにもなく、外にも出られず、もちろん外出などもってのほかである。
さらに、薬による鬱状態である。
これは、何かの実験かなにかではないのか?と、思ってしまう。
この状況で、病気は気からなどという輩がいたら……。である。


十時から、自転車一時間。終わって、洗濯。その間、うにゃーん状態である。検温の時に看護婦さんに気を使われました。すまないです。

昼ごはんは、鮭の和風ムニエルでした。おいしかったです。
うにゃーんが続いている。
薬の効きと、ダメージが蓄積しているのだろう。
もうすぐ、今日二回目の自転車の時間だ。
こいでたら、なんとかなるであろう。
やっぱり、だるかったので、五十分で許してやったのだった。シャワーを浴びて、一息ついたら、もう四時になろうとしているので、珈琲を入れ、プレッツェルを摘まみ、太宰治をまた読もう、といっても、前回つまみ読みをしたときに、「晩年」は半分の短編は読んでというか、読み直しなのだが、今回の主体は文体なのである。いや、つくづく、太宰治と森鴎外の後半の文体は好きだなぁと、思うのである。

ということで、読みます。

のはずだったが、お隣さんが退院されたのだ。目出度い。いろいろお世話になったので、少し淋しくもあるが、元気になってもらいたい。


晩ごはんは豚肉のピリ辛炒めに、炊き合わせに、ほうれん草ソテーであった。美味しくいただきました。

珈琲を飲みながら、本を読む、今だけ、隣があき、広い空間になったので、楽しもう。

お隣さんがいなくなったら、隣のじいさんの独り言がうるさい。殺意すら湧いてくる。これも鬱のせいか。

五時からは、自販機の前で寝た。
ストレッチできなかった。

何故に今日からうるさいのだ?

鬱で、繊細になりすぎているのか?


ここの患者さんは、薬は同じようなのを使うのだが、やはり癌患者の人が殆どなので、抗がん剤が主体になる。それは、肝臓に負担をかけるので、すごくだるいのだ、ぐったりであろう。
少ない量の内服の私でも、ぐったりなのだから、髪が抜け落ちている人たちなどは、尋常ではないはずだ。

だが、私のプレドニンの量も尋常ではないので、どうにもならない。
まいったなぁ。


朝になると、隣のじいさんは静かになった。どうやら、夜が淋しくて、独り言を叫んでいたようだ。

それなら、しょうがない。



スポンサーサイト



Comment

太郎 says... ""
かなり昔ラカーサに何度か
伺った事のある者です。
ブログ読ませて頂きました。
かなり大変な闘病生活で
何とコメントしてよいものかと
悩んでおりました。
私も入院経験がありますが
孤独で密室で同室の人に
気をつかいますし
病気の事以外に
精神的に参ってしまう事が
多々ありました。
マスターがそんな中でも自分を律し、運動されブログ更新されている精神力は凄まじいものがあるなと尊敬致します。
私も今苦しい状況にありますが、マスターが頑張っておられると思い私も頑張りたいと
思うようになりました。
何もお助け出来ませんが
マスターが必死に闘病されてる姿に勝手に励まされている者も
いるという事をお伝えしたくて
コメントさせて頂きました。
2012.03.22 19:51 | URL | #- [edit]
katsu says... ""
太郎さん。
読んでくれて、ありがとうございます。

苦しい中にも楽しみをと、思って書いて増すので、楽しんで読んでもらえると、うれしいです。
病室で気を使うのは、ほんとに相手しだいですよね。
私が入院の最初のころ、手足の激痛で、夜中に相当うなっていたらしく、他の同室の人たちに心配をかけたので、病気のときは、持ちつ持たれつなのです。

でも、さすがに鬱は冷静になれない分、というかなろうとすると、どんどん落ちちゃう、キツいですね。分野違いのような気がするですもの。

こんなふうに、コメントをしてもらえると、非常にうれしいですので、またがんばれます。
ありがとう。

泣き言の多い文章ですが、多目に見てやってくださいね。
2012.03.23 02:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/512-dd8c2bda