( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その三十五とまだ見ぬ星々




諸君から見て、昨日の朝が始まる。長期の入院日記など、退屈極まるものでろうが、ここまでついてきてもらって、感無量である。しかしまだ、半分の道のりにも来ていないのだ。先は長いぞ。
しかし、私が「海底二万里」を読み始めてから、読者が減ったのであろうか?
もしそうなら、もう少し待っていてほしい、後、ちょっとで読み終わるから。しかし、桁が一つ違うというのは、なんだろうなぁ……。


朝、朝食までの珈琲のお供は、チョイスビスケットである。ちょこっと囓りながら、ちょこっと腹筋などをして、facebookやTwitterを閲覧しているのである。というよりも、これが、基本的姿勢であるようだ。

というか、また全部消えた。挫折しそうだ。

朝食はシシャモ。実はロシアのカペリンという魚である。まぁ、カペリンうまいから、いいのである。それとほうれん草お浸しとお味噌汁である。ネスカフェの入る余地は、これっぽっちもないのである。

足の激痛は、ほぼ消えたが、痛みが消えたわけではないので、段階が下がっただけなのだ。しかし、出来ることは増えるのである。

自転車、三十五分。これぐらいに、しといてやろう。ふぅ。

部屋に戻ると、主治医。病状も変わることなく。退院してからの、ステロイド副作用が、心配である。

ネットで、アレルギー性肉芽腫性血管炎の他の人の闘病日記や、ステロイドの後遺症などを、見てて恐怖に、恐れ戦いております。

ラヴァーから、洗濯物とお菓子も差し入れが届く。
ありがとう。いつも感謝してます。

昼食は鰆でありました。をいただき、ネモ船長の世界にいっていると、早、もう、自転車の時間になり、今度は三十分。で、シャワー。ぐったり。
この、ぐったりは、どうもステロイドの影響であるらしい。どうも、よく、ぐったりとか、うにゃーんとか、うにうに状態とかになると思ったのである。敵はステロイドにありである。

で、ちょっと気分を変えて宮沢賢治を読んでみる。「セロ弾きのゴーシュ」。
実は、自転車をこいでいる時に、以前隣にいたダンディさんにあったのだ。以前のように明るく。凛としていた。しかし、強い抗がん剤なのだろう。抜け落ちてしまった髪の毛が、それを物語っていたのだ。これから、骨髄移植もするようだ。
ちゃんと、よくなってください。
私も、がんばりますから。


ストレッチや、腹筋などを、ちょとやると、普通の人よりぐったりになりやすいらしいので、ぐったり損だなぁと、ちょっと、憤っております。

そして、またノーチラス号に乗り込むのである。が、夕食があり、チキンカツレツでした。美味しゅうございました。リリカは三錠飲みました。
で、珈琲を入れてきました。

で、これを書いてます。

宮沢賢治が出てきたので、書くが、実は、私は子供のころから星好きである。京都のプラネタリウムに無理を言って、何回も連れていってもらうほどの、星好きだった。今でも、全然変わらず好きなのだが、ここからは、空すら眺めることが許されないのだ。
というか、この状態、私の精神に支障はないのだろうか?
また、おかしくならないだろうか?
ここまで、外まで見えないと、ちょっと危惧してしまうのである。

早く、空の星が見たいなぁ。

寝る前の時間は、こまめな運動である。メールに、ネットを見たり、今日は宮沢賢治を読んだり、それで、キースジャレットを聴いているのだ。

本日、四時十五分起床。
軽いストレッチを、している。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/504-0d567bdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。