( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その三十と「どす黒い日記」



今日のblogもR-18指定。
心のきれいな人は、読むのは禁止である。

諸君たちからの、昨日の始まりは、
自己嫌悪で、うにゃうにゃ中である。
だが、朝食終わり、ステロイドも抗がん剤も飲み、Blogも送信し、珈琲を飲んでいる。もう、ガスター20までこれで飲んでいる。
で、うにゃうにゃ中なのである。

で、ついにアマゾンに手を出し「ビブリオ古書店」を注文。でも、気分は泥底這いつくばりなのである。


すっかりダークな気分になってしまい、書き物は出来ない。なにか読む気にもならない。そして、リリカは眠い。
なので、自転車を三十分こぐ。で、うにゃうにゃになる。
うにゃうにゃなのだが、もこもこスリッパの匂いがさっきの自転車で気になったので、ファブリーズを売店に買いに行く。てれてれと、わざとゆっくりゆくのだ。それぐらいしか、散歩コースがない。しかも、足も痛い。ちょっと本館の中をぐるっと回ってみたりする。老朽というより、時代を感じさせてくれて、興味深いのである。

リリカの眠気も薄れ、腹筋で目を覚まし、ネモ船長に会いにいった。
そして、昼食である。病院の食事というのは、ベッドを椅子にして食べるのが、駄目なんだと思う。ちゃんと、椅子とテーブルで、食べなければ、人は怠慢になってしまう。
ああ、そんなことを言いながら、もう一時を過ぎようとしているでわないか、痛みや、リリカなど、聞き飽きたのだ。痛くても眠くても、自分のことを誰に言い訳をするのだ。この黒い燃えカスめが。
またもや、そんなことをいいながら、なにか、軽い動悸がきたので動けません。キツイ薬を沢山投与されているので、しょうがない、少しじっとしてます。
まだ、少し動悸がするが、自転車をこぎにゆく。
私は人のことはわからないが、自分のためにと思って、やっているのではない、なぜなら、自分のためだけにしても、面白くもなんともないからだ。人は一人では生きてゆけないのに、監禁されているのだから、ますますわからなくなってゆく。だが、ここで逃げると、「私は私だから、これでいい」という、ほんとに困ったダメ人間になってしまうのだ。それは、避けなければならない。キツイなぁ。自分のことだけで、楽しめたら楽なのになぁ。
よし、自転車いかなきゃ。

動悸というより、この書きづらいスマホで書いていたために、自転車は二十分しかこげなかった。そして、シャワーを浴びた。今は、スーハーポテチを食べているところなのだ。
動悸の原因は十中八九リリカである。まぁ、しょうがない。これ以上はなるまい。早く、足の状態がよくなってくれることを祈るのみなのだから。

ネモ船長に三十分ぐらい会っていて、珈琲を入れ、しあわせクルスという長崎のお菓子を食べようと思ったら、集団検診で、先生方がずらずらと来て、病気の説明である。そこまで目新しいこともなく、後二ヶ月がんばってね。という感じだったにだが、唯一足の痛みには、多分まだ、炎症が残っていて、その痛みだろうということだ。
本当に痛いのですよ。

その後、隣の方と病気談義。お隣は血小板が少ない病気で、普通に白血病の一種なのだが、私と同じステロイドを服用していて、数も減らせて、退院のメドも一ヶ月ぐらいに、なりそうだそうで、よかった。
さらに、退院したら、藤崎の環境のいいところに引っ越すとか、糸島をドライブするが、ハンバーガー屋さんは美味しくなかったとか、介護の仕事の若い子はきついのに、給料が低くて可哀想だとか、いろいろ話したのだ。
ああ、珈琲がなくなった。入れてこよう。

あっという間に、夕飯の時間まできてしまった。毎日の日課だった、ごはん報告が出来ないため、ものすごく淋しいのである。人は人と繋がらないと淋しいものなのです。

最初、この日記を書くときに、これだけは守ろうと、思ったのが、正直に書くことである。ほとんど病気のことになると思っていたし、ここまで長くなるとも思わなかった。
こんなに、死にかけても人の色々な、様々なものは変わらないのか?変えられないのか?と思っているし、絶望している。
病気なり損であろうか?


もっと、淡々とした、病状とその回りだけの報告みたいになると思っていたのに、もはや、私の苦悩日記と化しているのである。
もっと、面白く書こうとしてたのに、どす黒いものに化していたのだ。
それなのに、この日記を読む人が、どんどん増えているような気がする。どうしよう?

あきらかな、自己営業妨害なのではないだろうか?

しかも、面白くないだろうに、ついてきてくれるとは。
ありがとう。諸君。
願わくば、私が、平穏で問題が解決ができるように、祈ってくれれば幸いである。


夕食後の文章が長く時間がかかってしまい、八時になろうとしている。だが、今日は心も身体も悲鳴をあげてるようなので、安静にしていよう。

夜にN氏からメールあり。
コウヨウくんが九大に合格したとのこと。おめでとうございます。
とりあえず、よかった。

と、そんなメールをしてたら、寝る時間も遅れ、起床五時半、現在六時二十分という体たらくである。

でも、まぁ、よかったので、よいのである。

私は起きても、どす黒いままなのでsる。



スポンサーサイト

Comment

ショウヘイヘイ says... ""
時間があると色々考えてネガティブになったり、しますよね。
俺の場合は、そういうとき何も考えなくていいようにPSPやったり、ネット見たりするんだろうなぁ。
本読んだりもいいけど、考えちゃうからね。
2012.03.09 11:11 | URL | #- [edit]
katsu says... ""
コメントありがとう。
なにか、すごく読者が増えているのだけど、コメントがなくて、淋しいかぎりだったのです。

状況は自分で勝手に考えるのではなくて、困ったことが向こうからやってきて、でも僕は動けませんという。弱り目に祟り目状態なのですよ。

ここは、淋しすぎるので、また遊びにきてね。
2012.03.09 11:34 | URL | #- [edit]
tomo says... ""
こんばんは。
どす黒い日記、興味深く読ませて頂いています。

コメント、これからちょくちょくしてもいいですか?
ただのお客として知る限りのマスターの印象は、
芸術家肌な感じで、感受性が強そうで、ナイーブそうで、
シャイな感じで、あんまり気軽に話しかけられたりするのが
苦手なお方・・・だったので、気軽にコメント書かれたりするのは、
お好きではないかと思ってましたよ。

あと、閲覧者の人数の割にコメントが少ないというのは、
私のように思っている方がいたり、病気で苦しんでおられる方に
どのようなお声掛けをしたら良いのか分からず、
コメントしづらいのかもしれませんね。

私も、マスターと親しい訳でも無い上に、しかも過去のただの
お客でしかなく、うかつなコメントでマスターを傷つけて
しまわないかすごく考えてしまってます。
でも、マスターの「コメントがなくて淋しいかぎり」のコメントを見て、
今、お邪魔している次第です。
このコメントを読んで頂いている間でも、少し気が晴れて
頂けたら嬉しいです。

退院までまだ先は長いみたいですね・・・
もしご迷惑でなければ、お見舞いに伺ってもいいですか?
人によっては、闘病中の姿を見られたくないという方も
おられますので、もしお嫌でしたらきっぱり断って下さいね。
ミスドでもなく、クリスピークリームでもなく、
すごく美味しいドーナツを持って行きますよ!

長文で本当に失礼いたしました・・・
こっそり応援してます。
絶望はほどほどに、頑張って下さいね。


2012.03.09 21:11 | URL | #- [edit]
近所のみゆ says... ""
こんばんは~。毎日読んでますYO!

病床にて気持ちがどす黒くなるのは仕方のないことですけれど、
本当の心までは持って行かれないようにしてくださいませ。
そうなると「病は気から」という言葉に当てはまってしまいそうだからです。

どうか、脳みそから身体の全細胞に向かって
「俺の言うことを聞いて良くなれ!」と
朝起きたときと、寝る前に念じるおまじないなど、いかがですか?

人生はアップダウンがありますね。
そういうシーズンがあるといいますか、病気の時はさながら冬の時代でしょうか?
でも、自分の身体で冬を体験して、
他人の身体を犠牲にして冬を感じているわけではないあなたは素晴らしいのです!(きっと)
もちろん、いろいろな人を心配させているけれど、その分深まるものもありますよね。

ところで、昨日コメントを書いたら消えちゃいました。
あいどんのーわい
2012.03.10 01:46 | URL | #- [edit]
katsu says... ""
現在朝の四時であります。
コメントを読んで、背筋が凍る思いであります。心配かけてしまい、ごめんなさい。

tomoさん、ありがとうございます。

いっぱい書いてもらって、うれしいです。
コメントも、これから、ちょくちょく書いてください。



みゆさん。
毎日読んでくれて、ありがとう。
今、日記はダークブラック偏
に突入しており、申し訳ない限りです。
日記に関しても、後で読み返した時に
何度か、書き直そうという、
誘惑に囚われるのですが、
これは、日記であるいじょう、削除はあっても、
書き直しはできません。
きちんと、その時の気持ちと気持ちの変化を
伝えるものなのであります。
がんばって、よくあろうとするので、わざわざ
アメリカから心配してくれて、ありがとう。
きょうも、旦那さんのごはん作り、がんばって。

前回コメントが消えたのは残念でした。
2012.03.10 11:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/499-f41bf256
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。