( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記その二十六と「海底二万海里」



今日は、入院してから、四度目ならぬ、五度目の月曜日を迎えることになる。もう、一ヶ月なのである。これまでに、お世話になった方や、応援してくれた方、皆様に感謝しています。ありがとう。まだ、どうなるかは、わからないですが、とりあえず、死なないでよかったです。もうちょっと、がんばるので、入院日記もお付き合いくださいませ。


朝食後、休息をしてから、三十分の自転車をして、ぐったりしている。こいでいて、たまに、ぐわっという痛みがくるのだが、耐えながらこぐのである。それだけで、もう十時半である。ちょと落ち着いたら、ネスカフェタイムにしよう。

怯んでいて、ぐったりしていたら、もう昼前になっていたので、ごはん前の運動をして、またもや、ぐったりしながら、昼食を待つのだ。

昼食が終わり、休息。
私は昨日、店に置いていた一冊の本をマナブくんに持ってきてもらっていた。さぁ、少しずつ、海への旅にに出るとしようか。私はそう思い「海底二万海里」を手にするのであった。

でも、一部の一だけ読み、ネスカフェ入れる。お隣様から苺をもらい、ちょっとまったり。もうそろそろ「たかじんのそこまで」の始まる時間だ。
それを見ている間に、苦しそうにしていたお隣が部屋変えで、いなくなってしまった。お大事にと願うのである。

「たかじんのそこまで」が終わり、自転車を三十分する。ぐったりである。なかなか、ぐったりから脱却できない。
日曜日にだらだらと過ごすというのは、普通の生活をすごす人間にとっては、至福の時である。普段の煩わしさから解放され、何もしなくてもいいという選択肢が与えられる。ご褒美である。普通ならそうなのだが、こと入院中において、それは、ただの苦痛にしかならない。困ったものである。

夕飯前の運動をして、ごはんを食べ、薬を内服し、休憩。どうも、リリカの効き目が薄いのか、痛みが増してるのか、集中力が保てないでいる。


現在二時。一時ぐらいから、痛みで目が覚める。しかし、これはちょっと自業自得のような気がする。ずっと、夢がリハビリの夢なのである。そのたびに、動かして、「うぎゃー」となってしまうのだ。
しかし、四時半まで、なんとか寝た。これから、ストレッチ。歩くのも激痛。しかし、これは毎日のことで、運動することで、痛みを軽減されるから、不思議だ。多分しないと、寝たきりで、皆様に多大な迷惑をかけることになるだろうと思われるから、怖い。リハビリは大切である。

六時。起床である。洗顔をして、お茶を飲む。「海底二万海里」を一小節読み、書き物でもしよう。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/495-81507932
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。