( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛の舌



牛タン。牛のべろの部分である。生の状態を見ると、とても食べたくなるような代物ではない。どちらかというと、気持ちわるい。それが焼いたり煮たりと料理という手法を取り入れると、美味なるものの錬金されるのである。今回の趣向は鶏のブロードと香味野菜とで四時間ぐらい煮て、それにマスタードとパン粉をのせて焼いた。牛タンのディアボロ風と注文していただきたい。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lacasa.blog58.fc2.com/tb.php/380-3489f2f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。