FC2ブログ

( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

入院日記その三十七と旅の終わり



おはよう。

今日も、諸君の過去の出来事の始まりである。


実は、またもや、うろ覚えの文章をもう一度書いている。消えすぎだ。文章。ひどいよ。
とりあえず、気をとりなおして、かなり最初から。
いつものように、朝食(またもや、イチゴジャムトーストだった)を終え、重要な薬の内服も終わり、うにゃうにゃ状態になっているところであった。もうそんな気分ではないが。
かなり、はしょった感は否めないが、もう思い出せないのだから、しょうがない。



同じことを書くのが苦痛なので、違うことを書こう。でも、少しノーチラス号に乗ってくる。
南極の来たのだが、隣の人の処置が始まるというので、自転車にいく。四十五分こいだ。だんだん慣れてきた。

隣のおじいさんは、飲み納めて来たらしく、朝げーげー吐いてたのだ。それで、抗がん剤って、治す気ないのじゃないだろうか?てか、あぶさん?


昼食は白身魚のワイン蒸しだった。ちょっと、散歩で売店に行くと、チップスターうすしおが売りきれであった。もう、その味だけ置いた方がいいよ。
二時から四十五分自転車。一息ついて、シャワーを浴びにゆく。

ちょっと、気分の落ちるメールがある。メンタルに弱いなぁ。

しかし、隣の人は素面になって、大人しくなったようだ。よかった、よかった。

今日は集団検診の日であった。三人の医師から、申し訳なさそうにされるのも、こちらが申し訳なくなってしまうのだが、痛みがなくなってくているのは、神経が再生してきてるのであろうという、うん。よかった。
問題は、メンタル面のようだ。うん。がんばろう。

昨日、一日メンタル面できつかった状況だったので、周りに気遣われて、申し訳ない。ずっと、相手してたからなぁ。でも、収まったので、よいです。


どうしたものか、止まってしまった。書くことである。人には本音も建前もあり、何を言うべきか、言ってはいけないか。どうあるべきか、どう言うべきか。等があり、それにプライドもあるのである。ようするに、ショートしてしまうのである。


しかし、

終わったんだ。

旅が……。

ついに、ネモ船長による、ノーチラス号の旅が終わったんだよ。ふぅ。

もう、消灯三十分前である。

実は、病院の夜はうるさいのである、どうしても点滴の人などが、トイレに近くなる。
で、現在三時四十五分は早すぎるので、手の運動などをして、二度寝。

むにゃむにゃ。
五時になった。
十五分たったら、ストレッチしよう。

ストレッチをして、洗顔。珈琲も入れる。

スポンサーサイト