FC2ブログ

( 旧)ラカーサ徒然

福岡 ラ・カーサ シェフ日記

入院日記その二十八と「ジョアンナのヴィジョン」



外界と遮断された所にいると、外から見るからよく見えるみたいに言うが、そんな訳がないのである。外界から遮断されると、外どころか、何も見えないのである。アルカポネのように塀の中から、操作できるのは、遮断されているようで、されてなかったからなのだ。遮断されてからの、カポネがひさんだったのは、諸君の知るところである。


この四日ぐらい、自転車を一日一時間こいでいる、有酸素運動である。よく考えれば、この二三年、有酸素運動なんて、出来なかったのである。少し長く動くと喘息が出るのである。今考えれば、慢性気管支炎なのだから、当たり前なのである。その時自転車一時間なんて、無理だったろう。だから、今自転車が一時間できることに感無量なのだ。

それで、ここから、諸君たちから見た昨日の始まりなのだが、朝食終わり、薬内服。
休憩して九時半になり、自転車三十分こぐ。で、ぐったり。
そして、これを書いているのだが、そうじゃなくても使い辛く、問題の多いこのスマホがさらに、使えなくなってきていて、時間をくうのだ。sonyに損害賠償を請求したいぐらいだ。ひどいぞ。これ。
ちょっと、文章入れるのに一時間かかる。しかもリリカの魔力が ……。ぐー。
昼食前に軽く腹筋背筋、ごはんを食べてぐったり中。

さらに一時半から自転車、そしてシャワー。なんか、リハビリばかりだなぁ。
文章を書き込んでも、このスマホが、片っ端から消すもので、何回も書いてると、書くことを忘れてしまうのだ。
もう、書く気力を萎えさせる機械だなぁ。

午後は、ぐったりしながら、ネモ船長のところや、書き物をしたりしている。とりたててニュースもないし、採血は多分明日であろうし、ちなみに、ぐったりは、ほとんどリリカによるものだと推察できるのである。

夕方にマナブくんが見舞いに来る。彼は今、いろいろなことにチャレンジしているところだ。だが、それでも、彼は、演奏家なのである。これから、大名で皿洗いをしていた店に、ハッピーバースデーだけを演奏しに行くという。いったいギャラはいくらで出るのであろうか?私の方が、はらはらしてしまうのである。

夕飯前の、運動は今日はお休みである。リリカも飲んだし、変な時間に眠らないように、調節しなければならない。
当たり前だが、書き物に集中できるほど、リリカは甘くなかった。ぼーっとなりすぎである。
ぼーっとなっているところに、ipod からボブディランの「ジョアンナのヴィジョン」が流れてきた、本当なら、眠くなるような曲でもあるのに、今日の私には、丁度よく覚醒を促したのである。

健診の時にお隣さんと焼酎談義。お隣は鹿児島出身の方なのだ。キビナゴのさしみのおいしいお店や味噌おでんの話しをしてもらったのだった。
後、鹿児島は黒伊佐錦を飲む人が多いのだそうだ。
実は私はまだ鹿児島に行ったことがないのだ。
いつか、いったら焼酎を満喫したいものである。

おお、もう十時になる。丁度よいではないか。

起床!
しかし、現在三時四十五分である。が、目覚めてトイレにいったのであるが、おめでとう。である。やっと、なのだ。

ついに、おしっこをするときの、痛みがなくなったのだ。やったよ。これで、自由に飛ばせるよ。うれしいな。ジ・ユ・ウ。いい言葉だ。それにともない、周辺の神経が回復したらしく、いってなかったし、言うきもないが、ジョニーも精気をもどした。よかった。
なにか、回復が早まる気がする。
一生ジョニーに会えなかったら、どうしようかと思っていた。よかった。再会できて。涙の再会だった。

ジョアンナのヴィジョンならず、ジョニーの、ヴィジョンだよ。

ううっ。でも、足の痛みは健在。痛いよ、まだ。

しかし、四時四十分なので、ストレッチをするのである。

六時起床時間で、洗顔。採血がある。これは、抗がん剤の行方を決める重要な採血である。
と、私が意気込んでも仕様がないので、ネスカフェタイムで、チョイスを食しながら、書き物、ちょっと足の痛みが来る。
もう一度「ジョアンナのヴィジョン」を聞きながら、ごろんとしとこう。





スポンサーサイト